オリジナルトランスポンダーの開発 〜試作パーツ購入編〜

オリジナルのラップカウンター開発を目指して、まずは試作してみたいと思います。手元に昔買ったマイコンボードのArduino UNOがあるのでこれを本体にして、追加で小型のArduinoを購入してトランスポンダーを開発したいと思います。

主な構成部品はこんな感じです。

本体

  • Arduino UNO
  • 16 x 2行表示液晶パネル
  • 赤外線センサー
  • microSDカードスロット
  • 電子ブザー
  • タミヤコネクター(電源)

トランスポンダー

  • Arduino MICRO
  • 赤外線LED
  • サンワコネクター(電源)

言わずと知れた、電子部品ならなんでも揃うでおなじみの秋葉原の秋月電子通商でパーツを調達します。

こちらが元々持っていたArduino UNO。本体のメイン基板です。

16 x 2行表示の液晶パネル。

電子ブザー。

こちらがトランスポンダーのメイン基板にするArduino MICROです。

赤外線LED。

ラジコン専用部品は秋月電子では入手できなかったので、同じく秋葉原のスーパーラジコンにてゲットしました。
タミヤコネクター。

サンワコネクター。

これらを使って、試作を進めたいと思います。