GoProをTT-02シャーシに取り付ける方法

迫力ある映像を撮りたい!ということで、ラジコンカー(TT-02シャーシ)にGoProを取り付けたいと思うのですが、ステーを自作するのはなかなか面倒、ということで、トランスポンダーステーを利用して取り付ける方法を思いつきました。

TT-02シャーシには元々トランスポンダーステーはないので、OP.1555 TT-02 FRPバッテリープレート&トランスポンダーステーセット【ITEM 54555】を使います。

トランスポンダーステー部分にカメラの三脚のネジを利用して取り付けます。カメラの三脚には主に以下の2つのネジが使用されています。

  • UNC1/4-20(細ネジ:カメラの通常の三脚ネジ)
  • UNC3/8-16(太ネジ:アダプタなどで対応しているものが多い)

ややこしいですが、カメラの取付に使われているのがほとんどが細ネジです。ネジの外径(山径)が1/4インチ(1インチ=25.4mm)、1インチに20山(つまり25.4/20がピッチです)のネジであれば取り付けられることになります。

ということで購入したのがこちら。ホームセンターや東急ハンズで購入することができます。こちらは渋谷の東急ハンズで250円くらいで購入しました。

そしてトランスポンダーステー用の穴にネジを通す際に安定させるためにゴムブッシュを購入。こちらは外径13mm内径6mmのものです。

早速取り付けます。これがトランスポンダーステー部分です。こちらにゴムブッシュを通します。

少し硬いですが、うまくやるとピッタリ収まります。

ネジを通すとピッタリです。

あとは説明書通りにバッテリープレートにトランスポンダーステーを取り付けます。

シャーシに取り付ける際には、まずOリングを1つ入れておき、バッテリープレートを取り付けたあとは先程のゴムブッシュでおさえながらピンで留めます。こうすると非常にバッテリープレートが安定します。

GoPro(この写真ではGoProっぽい別のカメラを取り付けてますが…)がトランスポンダーステーにピッタリと取り付け出来ました。

正面からみてもなかなかの収まり具合です。多少トランスポンダーステー部分のゴムブッシュによってカメラ自体は多少左右にグラつきますが問題ないレベルかなとは思います。どういう映像が撮れるか実際に検証してみたいと思います。