ハイスピードギヤに交換する

ギヤをOP.1500 TT-02 ハイスピードギヤセット(68T)【54500】に交換します。

ちなみにスパーギヤとピニオンギヤの関係はこうなってます。キット標準のGB5部品は70Tのスパーギヤです。またキット標準のピニオンギヤ(MA8)は22Tです。つまりキット標準のギヤ比は7.37:1であることがわかります(ピンクの部分)。

D9 スパーギア70T
(キット標準)
68T 64T(OP)
 ピニオンギヤ ピニオンギヤ ギヤ比  ピニオンギヤ  ギヤ比
A  16T  18T 9.82:1 22T 7.56:1
B 17T  19T 9.31:1 23T 7.23:1
C 18T 20T 8.84:1 24T  6.93:1
D 19T 21T 8.42:1 25T  6.66:1
E 20T 22T 8.04:1 26T  6.40:1
F 21T 23T 7.69:1 27T  6.16:1
G 22T  24T 7.37:1 28T  5.94:1
H 23T 25T 7.07:1 29T  5.74:1
J 24T 26T 6.80:1
K 25T 27T 6.55:1

ギヤ比は以下の数式で求めます。

ギヤ比 = (スパーギヤの歯数 / ピニオンギヤの歯数) * 二次減速比

二次減速比は原則として車種によって決まっていて、TT-02の場合は2.6だそうです。

ちなみに64TのスパーギヤはSP.1356 TB-03 06スパーギヤ(64T)【51356】が使用できます。

タミヤ公認レースの場合はギヤ比が決められていますが、ここではタミチャレGTのレギュレーションギリギリの6.55:1(27Tピニオンギヤ)でセッティングします。

ピニオンギヤは06タイプのものを使います。

スパーギヤとピニオンギヤを交換して完成。モーターマウントのネジ穴の位置も変更する必要がありますのでご注意を。