ラジコン組み立てに必要な工具たち

ラジコンの組み立てにはある程度の工具が必要です。

基本的にはホームセンターで入手できるものでも十分ですが、タミヤから発売されている工具類は、サイズがラジコン向けに最適化されていたり、使いやすいサイズがセットされていたり、全体的に使いやすい印象があります。ただし、やはりそこはタミヤブランドの工具。若干お値段も張ります。

  • ニッパー、カッターなどの切る系工具はホームセンター
  • 耐水ペーパー、マスキングテープなどの消耗品もホームセンター
  • ドライバーセットなどはタミヤ製

とうまく組み合わせるのがベストかなと個人的には思ってます。ということで、おすすめの工具をご紹介します。

まずはこれがないとはじまらないドライバーセット。RCツール8本セット【ITEM 74085】です。兼古製作所(ANEX)のOEM品ですが、ホームセンターで売られているドライバーセットは同じ8本セットでもキリや小さいマイナスドライバーも含まれていますが、ラジコンではあまりそれらは使いません。その代わりに非常によく使うボックスレンチなどが入っていて非常に使いやすいです。

そしてこちらも欠かせないニッパーとラジオペンチです。タミヤ製だと精密ニッパー【ITEM 74001】ラジオペンチ【ITEM 74002】あたりが該当します。ニッパーとラジオペンチは非常によく使うツールなので、ホームセンターで自分に合う使いやすいものを選択するのがいいと思います。

こちらはOLFA製のデザインカッターナイフとカッターナイフです(こちらは25年前から使っているものです)タミヤ製だとモデラーズナイフ【ITEM 74040】クラフトカッター【ITEM 74013】とほぼおなじものです。タミヤ製のほうが黒くてかっこいい気はしますが、サイズも含めてほぼおなじもので圧倒的にやすいのでおすすめです。

モデラーズナイフはデカールやマスキングテープなどの細かくカッティングしたい場合におすすめで、クラフトカッターはバリを取る際などにおすすめです。

なお、タミヤ製のものであっても替え刃はOLFAのものがそのまま使えます。

こちらはタミヤ 曲線バサミ【ITEM 74005】です。刃先が小さく曲がっているので、複雑なラインのボディを切り取るときに有効です。ボディをカッターで切る方もいますが、個人的には曲線バサミが一番やりやすいです。

最後にノギスです。これも小学生の頃からの愛用品でステンレス製のアナログノギスですが、今はデジタルノギスもリーズナブルなものがたくさん出ています。

以上、おすすめ工具でした。