プロポ(MX-V)の設定・調整

プロポ(MX-V BL-Sport)はエントリーモデルですが、様々な設定をすることが可能です。

設定できること

D/R(ステアリング デュアルレート)

ステアリングホイルを操作したときの操作量(左右同角)を調整。めいっぱいステアリングをきったときにサーボが「ジリジリジリ」といっている状態が続くとサーボ破損の可能性があるので、これで調整する必要がある。

D/Rの設定を行う前に、ステアリングのEPAの設定が必要。

EPA(エンドポイントアジャスト)

ステアリングの左右舵角調整、スロットルのハイ側、ブレーキ側の動作料の調製、AUX(3ch)の動作量の調整が可能。

EXP(エクスポネンシャル)

ステアリングホイル/スロットルトリガーの操作に対して、サーボの動作量を可変させる機能。

ALB(アンチロックブレーキ)

グリップが弱い路面でも安定したブレーキングが可能になる。RCカーのタイヤがすべらない程度にブレーキを強めに効かせて、タイヤがロックしてすべる寸前にアンチロックブレーキが働くように調整するのがいいらしい。

TRIM(トリム)

リンケージの微調整を行う。昔のエントリーモデルのプロポにはこれくらいしか機能がなかったような…。

MODEL(モデルセレクト)

10通りのデータを保存することが可能。セッティングにより分ける、車体により分ける、などができて便利。

SUB-T(サブトリム)

ステアリング/スロットルサーボのニュートラル位置を補正し、メイントリムはセンター位置で使えるようにする。サーボにサーボホーンを取り付ける際に、センターに近い位置で固定して、サブトリムでセンターを出すようにする。

REV(サーボリバース)

ステアリング/スロットル/AUXを操作したときに、操作とサーボの動作が逆になる場合に設定する。昔のプロポはリバーススイッチが付いていた記憶。

NAME(モデルネーム)

各モデルに名前をつけることができる。

BATT(バッテリー電圧表示)

送信機バッテリーの電圧を0.1V単位で表示。フルの状態では6.0Vだが、4.6V以下になるとアラームが鳴る。